ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ移動します
本文へ移動します

全国で展開するリパークの駐車場をご紹介します。駐車場、コインパーキング、駐輪場のご利用は三井のリパーク




駐輪場利用約款(自転車・バイク)

三井不動産リアルティ株式会社(以下「当社」)が管理する当駐輪場を利用の際は下記規定に従っていただきます。
利用の際には必ず規定の内容を確認してください。

1.短期駐輪のための「場所」の提供

当駐輪場は短時間駐輪の「場所」を有償(場内掲示の料金)にて提供することを目的としたものであり、自転車・原動機付自転車・自動二輪車(以下「車両」)を保管・管理するものではありません。また場内は駐輪以外の用途には使用できません。

2.駐輪時間

自転車駐輪場の利用時間は入庫から最長120時間以内とします。継続して120時間を超えて駐輪しないでください。また、バイク駐輪場の利用時間は入庫から最長72時間以内とします。
継続して72時間を超えての駐輪はしないでください。これを超える場合は事前に場内掲示の緊急連絡先に連絡してください。

3.放置車両の取扱い

  • 駐輪場利用者が事前に場内掲示の緊急連絡先に連絡することなく、自転車を120時間を超えて駐輪している場合、または原動機付自転車や自動二輪車を72時間を超えて駐輪している場合、当社は、当該利用者に対し、駐輪場内に掲示することにより、当社が指定する日までに当該車両を出庫するよう要求することができるものとします。
  • 上記の当社が指定する日までに出庫したことを確認できない場合は、当社は以下の対応ができるものとします。
    • ・利用者を確知するために鍵の解錠をしたうえで、車両・付属装着物・積載物等の調査をします。
    • ・管理上支障があると当社が判断した場合は、駐輪場内に掲示をしたうえで、車両を当社が指定する保管場所に移動をします。
    • ・当該車両の所有者に引渡しを行います。この場合、利用者は、当該車両の引渡しをもって一切の権利を放棄したものとみなし、当社に対して車両の引渡請求その他何らの異議を申し立てないものとします。
    • ・当社の指定する日から30日を経過した場合で利用者が当該車両の所有者であるときは、その所有権を放棄し、当社において当該車両の廃棄その他の処分をすることに同意したものとみなします。

4.駐輪することができる車両

当駐輪場内に駐輪することができる車両のサイズは、下記の基準に該当するものに限ります。(下記の基準は車両の付属装着物を含めて判断をします)ただし、駐輪場により下記以外の基準を設けている場合があり、利用可能な車両が異なります。

  • 【自転車】
    車両全長 1,785mm以下 車両全幅 600mm以下 タイヤ幅・厚さ55mm以下 車両総重量 20kg
  • 【原動機付自転車(排気量50cc以下)】
    車両全長 1,900mm以下 車両全幅 700mm以下
  • 【自動二輪車(排気量50cc超)】
    車両全長 2,400mm以下 車両全幅 1,000mm以下
  • 上記基準に該当する場合でも、下記の車両は駐輪することができません。
  • (1)自転車駐輪場の場合
  • ・補助輪付・立ち乗り用ステップ付自転車 ・三輪車 ・防犯登録のステッカーが掲示されていない自転車
    ・自動二輪車・原動機付自転車・足踏自転車
(2)バイク駐輪場の場合
  • ・無登録車両、車検切れ車両等一般道路を走行することが禁じられている車両 ・自動車登録番号に覆いがされ、または取り外されている車両
    ・仮登録中の車両等 ・車体の特定が困難な車両
(3)共通
  • ・ロックできない形状の車両や車両入庫認識装置が作動しない恐れのある形状の車両 ・改造、破損が著しい車両
    ・危険物を積載している車両 ・その他駐輪場の管理上支障のある車両
    ・付属装着物等があり、接触により駐輪場施設、機器、他の車両、利用者に損傷を発生させる恐れがある車両

5.駐輪料金

  • 当駐輪場の利用者は、駐輪場に掲示した料金額および料金体系により、駐輪時間に応じた駐輪料金を支払いしてください。
    (駐輪時間は自転車駐輪用ラックおよびバイク駐輪スペースに入庫したときから出庫までの時間となります。)
  • 駐輪料金は後払いです。出庫時に精算してください。駐輪位置番号を確認のうえ、 駐輪料金は、駐輪場内に備え付けの精算機にて支払いしてください。
  • ※車室番号を間違えて精算した場合返金はいたしかねます。
  • 1万円・5千円・2千円等の高額紙幣はご使用できません。精算の際にはあらかじめ千円札または硬貨を用意してください。

6.駐輪場利用方法等

  • 自転車駐輪場の利用者は、自転車をラックの奥までしっかりと収納し、バイク駐輪場の利用者は駐輪スペースに駐輪をしてください。
  • 駐輪後は必ず施錠をしてください。
  • 入出庫の際はランプやロックの状態を目視で確認してください。
    • ・施錠状態(入出庫不可)=ランプ消灯 ・未施錠状態(入出庫可)=ランプ点滅・点灯
  • カラーコーンおよびテープ類にて封鎖している自転車駐輪用ラックおよびバイク駐輪スペースには駐輪しないでください。封鎖中に駐輪した場合に生じた車両の破損等について、当社は一切の責任を負いません。
  • フックが施錠されない場合および精算しても解除されない場合は、無理に車両を動かさずに緊急連絡先まで連絡してください。

7.つり銭切れ・領収書が発行されない場合

  • つり銭が返金されない場合は、場内掲示の緊急連絡先に連絡してください。後日、銀行振込または郵便小為替にて返金いたします。なお、つり銭が返金されない場合、精算機から「預り証」という書面が発行されますので、お受け取りください。
  • 機器の故障により領収書が発行されない場合は、場内掲示の緊急連絡先に連絡してください。

8.利用上の禁止行為等

  • 飲酒運転禁止
    飲酒・薬物使用状態での利用は禁止します。
  • 場内走行禁止
    場内の走行は禁止します。車両から降りて移動をしてください。
  • 迷惑行為の禁止
    むやみに警告鈴や警笛を鳴らすこと、アイドリングや空ぶかしをすること、大きな声や音を出すことは禁止します。
  • 火気厳禁
    場内での喫煙または火の使用は禁止します。
  • 不衛生な行為の禁止
    場内へのゴミの放置、立小便等の不衛生な行為は禁止します。
  • 機器・施設に対する不要な行為の禁止
    当社関係者以外の方は、当駐輪場内の駐輪に関係のない施設への立ち入りおよび機器に触れることを禁止します。
  • 機器・施設を破損させた場合の連絡義務
    機器・施設を破損させた場合は速やかに緊急連絡先に連絡をしてください。
  • 場内看板、掲示物の内容遵守
    場内の注意看板、掲示物に記載されている内容を遵守してください。

9.不正駐輪

  • 以下の駐輪方法は「不正駐輪」とします。
    • ・上記「4.駐輪することができる車両」に違反した車両
    • ・事前の連絡がなく上記「2.駐輪時間」に違反した車両
    • ・自転車駐輪用ラックの奥まで入庫させない状態での駐輪
    • ・自転車駐輪用ラック・バイク駐輪スペース以外の敷地内の空きスペースおよび車路への駐輪
    • ・フックの施錠を回避する駐輪
  • 不正駐輪を発見した場合、当社は、警察への通報、貼紙、チェーンの切断、場内空きラックに移動したうえでの課金等の対応を取る場合があります。この場合、正規駐輪料金に加えて、当該対応に要する費用および違約金2万円を請求いたします。切断したチェーン等当該対応により生じる利用者の損失は補償いたしません。

10.利用者の賠償責任

当駐輪場の利用者が本規定や駐輪場内に掲示された規定に違反した場合または故意もしくは過失により駐輪場の設備・機器を破損した場合は、それにより当社が被った損害(その結果駐輪場の全部または一部を休業しなければならない場合は、それにより逸失した営業上の利益を含みます)を賠償していただきます。

11.免責

当社は、車両、その付属装着物または積載物の盗難、紛失、汚損、破損、故障その他の不具合については一切責任を負いません。
当社は、天災地変、戦乱、暴動、火災その他の不可抗力、不正駐輪による出庫妨害その他の第三者の行為、電力事情の変動その他の当社の責めに帰すことのできない事由に起因して、車両の所有者または利用者が被った損害については一切責任を負いません。